新車と中古車の具体的な違いとは?購入前に知っておくべき豆知識

新車と中古車の具体的な違いと言えば、車体に蓄積したダメージです。

新車は文字通り未使用の車ですので、経年劣化にる部品や車体のダメージはゼロです。

翻って中古車の方は、ボディや内装やエンジンなどに痛みが蓄積しています。

同じ中古車でも前のオーナーがどのように運転していたかによって、その痛み具合は千差万別です。

中古車でも数か月しか走行していなかった物は新品同様ですが、一方で数年間にわたりフル活用されてきた中古車はエンジン部分やホイール部分、そして内装に経年劣化が目立ちます。

販売価格が新車に比べて圧倒的に安価なのが最大の利点ですが、値段と車体コンディションは基本的に比例します。

安さを最優先するのか、同じユーズドのマイカーでも品質を重要視するのか、購入する前に自問自答しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マニアック情報

  1. 現在日本にはあらゆるアルバイトがありますが、その中でも車好きな人に人気となっているのがレンタカーアル…
  2. 40代の車好きはどのようなクルマを選ぶでしょうか。20~30代に比べると収入も増え、また働き盛り…
  3. 車好きのあるあるは挙げれば切りがありませんが、誰もが思いつくものとしてはこのようなものがあるのではな…
  4. 車好きにとってこだわりは人それぞれなので、一概にこれとは言えませんが、トランスミッションにこだわる人…
  5. 車好きの男性に贈ってはいけないプレゼントと言えば、ズバリ車の模型です。一見すると意外に思われるか…

ピックアップ

PAGE TOP