車の購入をスムーズに!事前に知っておきたい必要書類

新しく車を購入する際には、代金だけでなく書類もいくつか用意しなければなりません。

書類は大きく、購入者自身で用意すべきものと、販売店側で用意してくれるものの2種類に分かれますが、このうち前者に該当する書類は、軽自動車の場合は住民票、普通自動車の場合は印鑑登録証明書と保管場所証明書の2点です。

住民票と印鑑登録証明書はともに市区町村役場で請求することで、保管場所証明書は最寄りの警察署で手続きをとれば手に入れられます。

ただし、保管場所証明書は販売店に入手代行を依頼することもできます。

また、書類ではありませんが、購入手続きでは印鑑も必要です。

種類はマイカーの種類によって異なり、普通自動車では実印が必須で、軽自動車では認印があれば済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マニアック情報

  1. 車好きにとってガレージは秘密基地のようなものです。最近ではアメリカンヴィンテージガレージが流行っ…
  2. 40代の車好きはどのようなクルマを選ぶでしょうか。20~30代に比べると収入も増え、また働き盛り…
  3. 現在日本にはあらゆるアルバイトがありますが、その中でも車好きな人に人気となっているのがレンタカーアル…
  4. 車好きにとってこだわりは人それぞれなので、一概にこれとは言えませんが、トランスミッションにこだわる人…
  5. 車好きの男性に贈ってはいけないプレゼントと言えば、ズバリ車の模型です。一見すると意外に思われるか…

ピックアップ

PAGE TOP